平成20年度AED講習に参加して来ました。

熊谷市消防本部で行われた、AEDの講習会に参加して来ました。

CIMG0897.jpg

前々から救命関係のTV番組や映画等々で非常に気になっていたのが・・・

お医者さんが手にするパッドで

「クリアー」とか言って

バンッ と患者の体が跳ね上がり

心臓が動き出し

「戻りました」

なんていうシーンや台詞に多少なりともあこがれた

私が馬鹿だった。

CIMG0901.jpg


実際、医療免許を持たない一般市民には関係の無い

事なのですが・・・

しか?し、

市民たるもの地域社会に何らかの貢献を行わなければ

存在理由すら見当たらなくなる恐れもあり、家族だけでも

不慮の事故から救いたい。

さらにドライバーとして一般市民の事故に遭遇してしまうかもしれません。

スタートは、多少不順ですが

消防本部に出向き講習を3時間ほど受けて参りました。

凄くタメになりました。

救急車が来るまで平均6分で

心臓が停止して脳障害が起きる可能性が5分

足りない1分間を

バイスタンダー(救急現場に居合わせた人)が応急処置することで

救われるケースが多いそうです。

ガイドライン2005を基に

1 反応を確認する

2 助けを呼ぶ 119番とAEDの手配 指名して行う

3 気道の確保 と 呼吸の確認

4 人工呼吸2回 (ためらわれる場合 省略可能)

5 胸骨圧迫30回 (1分間に100回の速度)と人工呼吸2回のセット

  圧迫は強く絶え間なく、圧迫解除はしっかり戻るまで

6 AED到着

7 パッド装着、電源確認

8 心電図の自動解析

機械の判断に任せて 電気ショックか 胸骨圧迫の選択

講習が終わるまでAEDは万能な機器だと思っていたら

AEDよりもまずは、胸骨圧迫が何よりも重要ということを認識できました。

交通事故や災害にあわないことのほうが重要ですが、

何かあってからでは遅いので

今回講習に出てみました。

今後は、更に

誤った知識を矯正するべく

この様な講習会に出てみたいと考えました。

前へ

SEVラジエター R-1 R-2 ダブル巻きに挑戦

次へ

熊谷花火大会